-
SNS

レポート レポート

2021.11.10

道路の雑学 第三回

知っているともしかしたら役に立つかもしれない道路のトリビアをクイズにして紹介!第3回目のテーマは「身近な道路施設の値段」。値段の予想が難しいかもしれませんが、ぜひ、クイズにチャレンジしてみてください!



 

Q:道路には標識やガードレールなど、さまざまな道路施設が設置されています。次の4つのうち、値段の高い方から順番に並べると?



A:ガードレール(1mあたり)

B:点字ブロック(1枚あたり)

C:標識(1枚あたり/2.2m×2.8mを想定)

D:カーブミラー(1本あたり)





C:標識(約38万円)

D:カーブミラー(約7万円)

A:ガードレール(約5千円)

B:点字ブロック(約5百円)


 

ほかにも、歩道と車道の境界に設置するコンクリートブロックの縁石は1mあたり約2千円、コンクリート側溝は1mあたり約8千円、マンホールのふたは1枚あたり約6万円、となっていますが、地域条件、規格などにより価格は多少異なるそうです。

 

※価格は建設物価を参考に、施工費用含まず計算